合気道とは

合気道

合気道は、開祖・植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。

合気道は相手といたずらに強弱を競いません。入身と転換の体捌きと呼吸力から生まれる技によって、
お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図るのを目的としています。
また、合気道は他人と優劣を競うことをしないため、試合や競技を行いません。

開祖・植芝盛平翁逝去の後、故植芝吉祥丸(1921~1999)先生が道主を継承して一般にも門戸を開放し世界に広げ、
現在、植芝守央先生が道主を継承しておられます。


公益財団法人合気会
※公益財団法人合気会 ホームページより記載。詳しくはホームページをご覧ください。